SBT、「マネージドセキュリティサービス」の英語対応を開始

SBT、「マネージドセキュリティサービス」の英語対応を開始

SBT、「マネージドセキュリティサービス」の英語対応を開始の画像

ソフトバンク・テクノロジー(SBT、阿多親市社長CEO)は3月22日、海外に進出している国内企業向けに、「マネージドセキュリティサービス(MSS)」の英語対応を4月に開始すると発表した。
 今回の英語対応にあわせて、既存の国内監視拠点に加えて新たに海外拠点を開設し、グローバル監視センターとしてセキュリティーの専門家が24時間365日体制で運用・監視を行い、顧客の海外拠点の担当者への電話やメールによるサポートや緊急時の対応を実施する。これにより、海外拠点での重要なアラートの検知やインシデント発生に対して、早期解決に向けた迅速な対応が可能となる。
 2018年5月に構築したSBT独自の脅威検知AIを搭載したログ分析プラットフォームに連携するセキュリティー機器も拡充し、より精度の高い分析や脅威検知のスピード向上などサービスの強化も実施している。

関連記事(外部サイト)