バックアップ市場で急成長のルーブリックが示す19年度事業戦略とは

バックアップ市場で急成長のルーブリックが示す19年度事業戦略とは

バックアップ市場で急成長のルーブリックが示す19年度事業戦略とはの画像

バックアップベンダーの米ルーブリックは、収益とシェア拡大に向けてパートナー支援を強化している。その一環として今年1月にパートナー・プログラム「ルーブリック テクノロジー・アライアンス・プログラム(TAP)」を開始。さらに、パートナーだけではなく、顧客も含めた情報発信のツールとして、コミュニティーサイト「Rubrik Build」を3月14日にオープンした。 同社は、データバックアップソフトをストレージ内蔵サーバーにインストールしたバックアップ専用アプライアンスやサードパーティー製サーバーで動作するソフトウェア、仮想アプライアンスなどを提供する、2014年に設立したバックアップのベンチャー企業。16年度を基準とした成長率では、18年度は売り上げで480%、顧客数では418%と飛躍的な成長を遂げている。
 さらなる成長を目指して、19年度の事業戦略として掲げたのがパートナー支援の強化だ。初のパートナー・プログラムのTAPでは、幅広い提携パートナーとのエコシステムを構築することを目的に、差別化のためのフレームワークや、ルーブリックとのシームレスな連携を可能にするAPI、技術情報へのアクセスを提供する。
 さらに、サードパーティー製アプリケーションや自動化ツールと連携し、同社製品の付加価値を高めるための施策としてオープンしたのがRubrik Buildだ。ここでは同社製品とサードパーティーをAPIで連携する機能を開発し公開。それを利用できるようにすることで、ルーブリック製品を扱えるエンジニアを増やすことが目的だ。
 Rubrik Buildプロジェクトのメンバーであるクリス・ウォール・チーフ・テクノロジストは「立ち上げ前からAPI活用を促すためにソフトウェアの配布を行ってきた。例えば、人気のあるPowerShell向けSDKは累計で4700回ダウンロードされている。また、API利用のためのプロジェクトはすでに55ある」と語る。
 今後は、ドキュメンテーションやクイックスタートのためのツール、トレーニングのほか、TAPのパートナーとともに築いた成果をケーススタディとして紹介。「どのようにAPIを使い成功に繋げていくかを、より多くの人に見て理解してもらいたい」とウォール・チーフ・テクノロジストは語る。
 今年度の目標についてウォール・チーフ・テクノロジストは「Rubrik Buildのプロジェクトとして、70件の案件をスタートさせたい。また、リアルな交流・体験の場としてワークショップを展開しており、最低でも12回は開催したい」と意気込みを語った。
 一方、日本法人のルーブリック・ジャパンは、Rubrik Buildの日本語化を進め、利用者のすそ野を広げていく方針だ。(山下彰子)

関連記事(外部サイト)