OBCの「奉行クラウド」、AES暗号化方式によるデータベース暗号化に対応

OBCの「奉行クラウド」、AES暗号化方式によるデータベース暗号化に対応

OBCの「奉行クラウド」、AES暗号化方式によるデータベース暗号化に対応の画像

オービックビジネスコンサルタント(OBC、和田成史社長)は4月8日、「奉行クラウド」が信頼性の高い「AES暗号化方式」によるデータベース暗号化に対応し、さらなるセキュリティー強化のためのアップデートを実施したと発表した。 奉行クラウドは、世界トップレベルのセキュリティーを備えた「Microsoft Azure」を採用し、データを恒常的に保護している。今回対応したAES暗号化方式は、電子政府推奨暗号リストの実用化されている内容では、極めて強度が高い方式となっている。このアップデートにより、顧客のデータを保存しているディスクの物理ファイルそのものが暗号化されるため、万一、物理ディスクなどが持ち出された場合でも、データを復元することは不可能となる。
 奉行クラウドは発売以来、多くの企業が不安をもつセキュリティーリスクに対して、世界トップレベルの環境を安定して継続提供している。今後も顧客が安心して利用できるクラウドサービスとしてセキュリティー強化を実施し、安心・安全な稼働はもとより、さらなるセキュリティーの付加価値提供を行っていく考え。

関連記事(外部サイト)