ネットワールド、イスラエルのStratoscaleと国内初の代理店契約

ネットワールド、イスラエルのStratoscaleと国内初の代理店契約

ネットワールド、イスラエルのStratoscaleと国内初の代理店契約の画像

ネットワールド(森田晶一社長)は、イスラエルのStratoscale(ストラトスケール)と国内初の代理店契約を取り交わし、AWSと互換性のあるクラウド環境をオンプレミス環境に構築可能なソフトウェアソリューションの販売を4月16日から開始した。
 Stratoscaleのソリューションは、AWS互換のインフラストラクチャーと各種サービスをオンプレミスのデータセンター内で実現するプライベートクラウド構築ソフトウェア。パブリッククラウドでの柔軟性と迅速性の利点を維持しながら、オンプレミス環境でAWSと同等の操作により、ミッションクリティカルなアプリケーションや機密性の高いデータを管理・運用することが可能となる。
 また、開発・運用の知識やノウハウをAWSパブリッククラウドとオンプレミス間で共有でき、ワークロード移行もスムーズなため、柔軟性の高いハイブリッドクラウド戦略を展開できる。
 主な製品ラインアップとして「Stratoscale Software Defined Data Center」は、AWS EC2互換サービスを実装するフルプライベートクラウド(IaaS)ソリューション。クラウド自動化によるエンドツーエンドプロビジョニングのスピードと敏捷性の実現を目指すDevOps主導のIT組織に最適となっている。「Stratoscale Database Platform」は、完全に自動化されたSQL&NoSQLデータベースプラットフォーム(DBaaS)で、複数のオープンソース/商用のデータベースの展開と管理を簡素化する。「Stratoscale Container Platform」は、Kubernetesソリューションで、複数のKubernetesクラスターをプロビジョニング、管理する複雑さを解消する。「Stratoscale Cloud Service Platform」は、これら3製品の機能を全て含んだ製品となっている。
 価格体系は、物理CPUソケットごとのソフトウェアサブスクリプション。Stratoscale Software Defined Data Centerの税別価格は、標準構成で354万円から。

関連記事(外部サイト)