OBC、債権債務業務をフルカバーした債権奉行・債務奉行クラウド

OBC、債権債務業務をフルカバーした債権奉行・債務奉行クラウド

OBC、債権債務業務をフルカバーした債権奉行・債務奉行クラウドの画像

オービックビジネスコンサルタント(OBC、和田成史社長)は4月15日、「奉行クラウド」の新たなラインアップとして、「債権奉行クラウド」「債務奉行クラウド」を4月23日に発売すると発表した。 債権奉行クラウドと債務奉行クラウドは、クラウドの利便性と自動化にこれまで培った業務ノウハウを集結し、債権債務にかかわる一連の手作業を排除して業務スピードの向上を実現する特化型クラウドパッケージシステム。クラウドならではの自動学習やデータがつながる特性によって効率性を徹底追求し、短時間で正確に処理することができる。
 債権では「回収予定表の作成」から「入金の突合・消込作業」、債務では「全社債務情報を集約した支払予定表の作成」から「債務情報の消込作業と銀行振込などの支払業務」など手間のかかる業務が自動化されるため、大幅に業務時間が短縮できる。導入期間の短期化、導入コストの縮小、運用業務の効率化など、特にリソースの限られている中小企業に高いメリットを提供する。
 幅広い債権・債務業務をフルカバーし、Excel管理による手作業がなくなり、正確で細やかな債務管理を実現する。債権奉行クラウド、債務奉行クラウド単体での利用はもとより、一緒に使うことで一気通貫に業務を行うことができる。また、APIを使ってあらゆる基幹システムと連携できるため、今利用しているシステムを変えることなく、債権・債務業務の生産性を向上することができる。
 税別価格は、債権奉行クラウドi Aシステムが1ライセンス年額15万円から、債務奉行クラウドi Aシステムが1ライセンス年額15万円から。別途初期費用5万円が必要となる。

関連記事(外部サイト)