チームスピリット、「AppExchange Premier Partner」に2年連続認定

チームスピリット、「AppExchange Premier Partner」に2年連続認定

チームスピリット、「AppExchange Premier Partner」に2年連続認定の画像

チームスピリット(荻島浩司社長)は4月16日、セールスフォース・ドットコムが認定する「AppExchange Partner Program」で、グローバルでも数十社のみが承認される「AppExchange Premier Partner」に、2年連続で認定されたと発表した。 AppExchange Partner Programには、AppExchange PartnerとAppExchange Premier Partnerの2種類があり、AppExchange Premier Partnerは、グローバルのSalesforceエコシステムで売り上げや製品、カスタマーサクセスといった観点で極めて高い貢献があったAppExchange Partnerだけが認定を受けることができる。
 今回、チームスピリットは、2018年に続き2年連続でAppExchange Premier Partnerに認定された。今後も、さらに多くの顧客に、働き方改革プラットフォーム「TeamSpirit」の価値を届けられるよう、全社一丸となって取り組んでいく方針。
 TeamSpiritは、勤怠管理、就業管理、工数管理、経費精算、電子稟議、社内SNS、カレンダーなど、社員が毎日使う7つの社内業務システムを一元化したクラウドサービス。7つのシステムが連携して動くことで、出社から退社までの働く人に関する活動情報が自然に集まる仕組みとなっている。収集したデータの分析により働き方を可視化することで、社員が取り組むべき重要な活動を洗い出し、生産性の向上につながる効果的なタイムマネジメントが可能になる。また、モバイルにも対応し、場所を問わずどこでもシステムを利用することができる。

関連記事(外部サイト)