ソフト開発者の関心事を総ざらい――Oracle Code Tokyo 2019

ソフト開発者の関心事を総ざらい――Oracle Code Tokyo 2019

ソフト開発者の関心事を総ざらい――Oracle Code Tokyo 2019の画像

日本オラクル(フランク・オーバーマイヤー社長)は、技術者向けのイベント「Oracle Code Tokyo 2019」を5月17日に都内で開催した。オラクル製品のみならず、コンテナ型仮想化を管理する「Kubernetes」などのOSS(オープンソースソフトウェア)や、ビジネスパートナーの商材に関する講演や体験学習、交流会を行った。来場者は800人を超えた。
 Kubernetesの講演では、Kubernetesが優れた運用自動化の機能を持っていることに触れつつ、大規模な企業向けシステムに応用するには自動化機能を拡張する必要がある点について述べた。企業向けの大規模システムでは、オラクルのデータベースやアプリケーションサーバー「WebLogic Server(ウェブロジックサーバー)」などのミドルウェア群と組み合わせて運用しているケースが多い。
 例えば、データベースのバックアップや復元するときは、製品固有のコマンドがある。WebLogicなどのアプリケーションサーバーも運用機能を拡張していないKubernetesでは「管理に限界がある」(茂こと・クラウドプラットフォーム本部セールスコンサルタント)という。
 そこで、オラクルではKubernetesの拡張機能を使ってWebLogicを含めた運用自動化を実現する「WebLogic Server Kubernetes Operator」をOSS方式で開発。また、Kubernetes上で稼働するデータベース「MySQL」の運用を自動化する「MySQL Operator」もOSSで公開している。Kubernetesが元来備えている拡張性と、コンテナ自動管理機能を利用することによって、「大企業向けの重量級ワークロードでも運用の自動化・効率化の恩恵を受けることが可能になる」(茂セールスコンサルタント)と話す。
 近年、急速に活用が進んでいるコンテナ型仮想化やKubernetesのようなソフトウェア開発者の注目度が高いOSSと、オラクルが強みとするデータベースやウェブアプリケーションサーバーとの連携のメリットを訴えることで、日本オラクルの存在感を一段と高めるイベントとなった。(安藤章司)

関連記事(外部サイト)