自動運転商用化で累計113億円の資金を調達、ティアフォーがKDDIなどから

自動運転商用化で累計113億円の資金を調達、ティアフォーがKDDIなどから

自動運転商用化で累計113億円の資金を調達、ティアフォーがKDDIなどからの画像

自動運転関連ビジネスを手掛けるティアフォーは、損害保険ジャパン日本興亜、ヤマハ発動機、KDDI、ジャフコの運営する投資事業有限責任組合、アイサンテクノロジーなどを引受先として第三者割当による資金調達を実施した。これにより、ティアフォーのシリーズAラウンドの累計資金調達額が113億円となった。
 ティアフォーは、今回の資金調達によって優秀な人材の獲得と財務基盤の強化を進め、自動運転システムの本格的な商用化を目指す。今後は、リスクマネジメントや次世代移動通信システム「5G」といった自動運転サービスの実用化に不可欠な課題についても事業パートナー各社と共に積極的に取り組むほか、海外事業の拡大も図っていく。

関連記事(外部サイト)