世界最高水準の高効率太陽電池を搭載、シャープなどによる電動車の公道走行実証

世界最高水準の高効率太陽電池を搭載、シャープなどによる電動車の公道走行実証

世界最高水準の高効率太陽電池を搭載、シャープなどによる電動車の公道走行実証の画像

新エネルギー・産業技術総合開発機構(NEDO)、シャープ、トヨタ自動車は、高効率太陽電池を搭載した電動車の公道走行実証を7月下旬に開始する。EV航続距離や燃費向上効果の検証を目的としている。
 シャープは、NEDO事業の一環として開発した世界最高水準の高効率太陽電池セル(変換効率34%以上)を車載用にモジュール化して太陽電池パネルを製作。トヨタ自動車は、「プリウスPHV」のルーフやフード、バックドアなどに同パネルを搭載し、定格発電電力を約860Wまで高めた公道走行用実証車を製作した。また、「プリウスPHV」で駐車中のみだった駆動用バッテリーへの充電を走行中でも実現するシステムを実証車に採用した。
 実証データの一部は3者で共有し、NEDO主催の「太陽光発電システム搭載自動車検討委員会」などで、CO2削減効果や充電回数低減などの利便性向上効果を評価し、運輸部門を含めた太陽電池パネルの新規市場創出と、エネルギー・環境問題の解決に寄与していく。

関連記事(外部サイト)