SBT、マネージドセキュリティサービスに新ラインアップ

SBT、マネージドセキュリティサービスに新ラインアップ

SBT、マネージドセキュリティサービスに新ラインアップの画像

ソフトバンク・テクノロジー(SBT、阿多親市社長CEO)は、SBTのセキュリティ専門家が24時間365日体制でセキュリティの運用・監視を行うマネージドセキュリティサービス(MSS)に、新しいラインアップ「MSS for Secure Gateway」を追加し、7月10日に提供を開始した。
 今回追加したMSS for Secure Gatewayは、危険なサイトへのアクセスを制限し、情報漏えいの要因となるIDの盗難や、マルウェア・ランサムウェアの感染を防止するサービス。同サービスと、既存サービスである「MSS for Microsoft 365」と「MSS for EDR」を利用することで、テレワークなどでユーザーが社外ネットワーク環境にいる時に起こり得る「悪意あるサイトへのアクセス」や「IDの乗っ取り」「エンドポイントへの攻撃」の脅威に対して包括的なセキュリティ対策を提供する。
 特に、MSS for Secure GatewayとMSS for EDRを組み合わせることで、インターネットアクセスの観点と社内で使用しているPCの振る舞い動作を相関できるようになるなど、セキュリティ保護に厚みをもたせることが可能となる。これにより、働き方改革の一環としてテレワークを推進している企業では、安心して使えるテレワーク環境を整備することが可能となる。
 SBTでは「日本企業の競争力を高めるクラウドコンサル&サービスカンパニー」として、今後も「クラウド」と「セキュリティ」で顧客の働き方改革を支援し、本業成長に貢献するビジネスパートナーを目指していく考え。

関連記事(外部サイト)