倉庫で人と一緒に働くロボット、日本通運の倉庫で実証実験

倉庫で人と一緒に働くロボット、日本通運の倉庫で実証実験

倉庫で人と一緒に働くロボット、日本通運の倉庫で実証実験の画像

日本通運(齋藤充社長)とロボットソリューションのベンチャー企業Rapyuta Robotics(Gajan Mohanarajah CEO)は、倉庫向け協働型ピッキングソリューション(AMR)を用いた実証実験を日本通運の国内物流拠点で実施した。
 物流業界では、人手不足が日々深刻化しており、それを解決するため自動化技術を活用した省力化・省人化が進んでいる。日本通運とRapyuta Roboticsは、ピッキング作業の効率化・生産性向上、作業者の負荷軽減を図ることを目的に2018年10月から共同研究を開始。導入に向けた検証を行ってきた。
 今回の実証事件では、倉庫内のピッキングエリアで人や物に干渉することなく稼働するRapyuta Roboticsのロボットを使用し、同一の出荷オーダーを用いて人員のみで作業を行った場合と、ロボットを併用した場合の歩数、移動距離、ピッキング終了までの総作業時間などを計測し、比較した。
 ロボットを導入することで、既存の倉庫でレイアウトやマテハンを変更することなく導入ができ、複数台を同時に導入することができ、また作業量の増減に柔軟に対応できることが分かった。また、人とロボットが安全に協働できることやロボットの利用によって作業時間が短縮されることが確認できたという。
 今後は9月をめどにさらなる実証実験を行い、評価・検証して、19年度中に日本通運の既存倉庫への導入を目指す。

関連記事(外部サイト)