ファームアイとA.L.I.が農業ドローンソリューションを全国に展開

ファームアイとA.L.I.が農業ドローンソリューションを全国に展開

ファームアイとA.L.I.が農業ドローンソリューションを全国に展開の画像

ファームアイ(吉田博社長)とA.L.I. Technologies(A.L.I.、片野大輔社長)は全国規模での農業センシングにかかわるドローンソリューションに連携して取り組んでいく方針を明らかにした。
 インプレス総合研究所の調査によると、農業向けのドローンサービス市場は年率28%で伸びており、市場規模は2018年の175億円から24年には760億円まで拡大するとしている。
 両社は連携することで、ドローンを活用した農業センシング・サービスを全国展開し、効率的な農業ソリューションを提供していく。
 なお、ファームアイは、ヤンマーとコニカミノルタが出資する農業リモートセンシング・サービスを推進する事業会社。農業向けにセンサーなどを使用し、さまざまな情報を計測・数値化するセンシングや画像解析サービスを提供している。一方、A.L.I.は、AI搭載型ドローンをはじめ各種ソリューションビジネスを展開するドローン・AI事業、演算力シェアリング事業を手掛けている。

関連記事(外部サイト)