MJSとインフォマート、MJS-ConnectとBtoBプラットフォーム請求書をAPI連携

MJSとインフォマート、MJS-ConnectとBtoBプラットフォーム請求書をAPI連携

MJSとインフォマート、MJS-ConnectとBtoBプラットフォーム請求書をAPI連携の画像

ミロク情報サービス(MJS、是枝周樹社長)とインフォマート(長尾收社長)は7月22日、MJSのクラウドサービス連携基盤「MJS-Connect」とインフォマートの請求書受取・発行を電子データ化するクラウドサービス「BtoBプラットフォーム請求書」とのAPI連携を開始したと発表した。 MJS-Connectは、各種クラウドサービスと連携し、資金の動きや購買情報などウェブサイトやクラウドサービス上で参照可能な取引情報をMJSが開発・提供するERPシステムやクラウドサービスに自動連携するbizsky上のクラウドサービス連携基盤。
 一方、BtoBプラットフォーム請求書は、電子請求書のプラットフォームとして、「発行する請求書」だけでなく「受け取る請求書」「支払金額の通知」など、多彩な請求業務の電子データ化に対応可能なクラウドサービス。
 MJS-ConnectとBtoBプラットフォーム請求書のAPI連携により、BtoBプラットフォーム請求書で作成・発行した請求書データ(売掛金)をMJSのERPシステムに自動連携し、仕訳データとして取り込むことが可能となる。ユーザーは、請求書データを会計ソフトに転記する作業や勘定科目を選択する手間がなくなり、毎月の会計業務の負担を大幅に削減することができる。また、今後、BtoBプラットフォーム請求書で受け取った請求書データ(買掛金)の自動連携も予定している。

関連記事(外部サイト)