サイオステクノロジー、「AI秘密印検知サービス」提供へ

サイオステクノロジー、「AI秘密印検知サービス」提供へ

サイオステクノロジー、「AI秘密印検知サービス」提供への画像

サイオステクノロジー(喜多伸夫社長)は7月24日、人工知能(AI)を活用した画像解析技術による文書内の秘密印を検知し通知するサービス「AI秘密印検知サービス」の提供を9月30日に開始すると発表した。
 AI秘密印検知サービスは、社内にある文書から極秘、社外秘、マル秘などの秘密印をAIで解析し秘密印文書として検知、通知を行うもの。まずは、複合機の操作を画像で残す画像ログアプリケーション「Logキャプチャ NX Plus」で収集される画像ログを対象に提供を開始し、将来的には社内文書全体を検知対象に秘密文書管理台帳作成機能、秘密レベル分類機能やファイル名変換機能などサービス内容を拡充していく。
 なお、同サービスは、販売パートナーである大塚商会(大塚裕司社長)を通じて販売していく予定。当面は無償で提供し、2020年12月末までに1000社への導入を目指す。

関連記事(外部サイト)