シネックス、米BitTitanのクラウド移行ツール「MigrationWiz」を販売

シネックス、米BitTitanのクラウド移行ツール「MigrationWiz」を販売

シネックス、米BitTitanのクラウド移行ツール「MigrationWiz」を販売の画像

シネックスジャパン(國持重隆社長)と米BitTitan Inc.(Geeman Yip創業者兼CEO)は、販売代理店契約を結び、クラウド環境への移行ツール「MigrationWiz」の販売を7月29日に開始した。
 クラウドファースト戦略を進める企業は世界中で急速に広がっている。SYNNEX Corporationはグーグルとパートナーシップを結び、グーグルの「G Suite」の提供を強化している。YNNEX Corporationの日本法人であるシネックスジャパもG Suiteの提案・提供を強化。G Suiteなどクラウド環境への移行をスムーズにするため、米BitTitanの「MigrationWiz」を販売することを決めた。
 2007年に設立した米BitTitanは、09年にクラウドマイグレーションソフトウェア「MigrationWiz」を開発。現在187カ国、4万社、1500万ユーザーが利用している。今回、シネックスが提供するのは「MigrationWiz User Migration Bundle」で、メールボックス、ドキュメント、パーソナルアーカイブの移行機能をクラウドで提供するほか、移行元・移行先としてG Suiteを含め主要なプラットフォームを選択できる。また、中断なく使い続けながら移行できるので、ダウンタイムゼロ移行が実現できる。希望小売価格は1ユーザー当たり1800円。

関連記事(外部サイト)