カスペルスキー、保護機能を強化した法人向けセキュリティ製品

カスペルスキー、保護機能を強化した法人向けセキュリティ製品

カスペルスキー、保護機能を強化した法人向けセキュリティ製品の画像

カスペルスキーは、最新版の法人向けWindows用セキュリティ製品「Kaspersky Endpoint Security for Windows(バージョン11.1.1)」、統合セキュリティ管理ツール「Kaspersky Security Center(バージョン11)」を8月1日から提供する。 Kaspersky Endpoint Security for Windowsの最新版は、次世代セキュリティ技術を利用した保護機能を追加。脆弱性を悪用した攻撃やファイルレス攻撃をはじめ、高度なサイバー攻撃からWindows端末を保護する。
 新たに追加したのは、アプリケーションの脆弱性を悪用した攻撃に有効な機械学習を用いた防御機能「アダプティブアノマリーコントロール」だ。機械学習を用いて、ユーザー個別のエンドポイントで実行されるさまざまなアプリケーションの挙動を学習し、各エンドポイントの通常の状態を把握。エンドポイント全体においてアプリケーションが通常とは異なる不審な動作をした場合、それを検知し動作をブロックする。ブロックは自動で実行されるので、管理者やユーザー側の設定は不要だ。
 マイクロソフト社のAntimalware Scan Interface(AMSI)に対応したアプリケーション側から、PowerShell、JavaScript、VBScriptなどのスクリプトエンジン、Office VBAマクロといったオブジェクトをマルウェアかどうかスキャンできるようになった。これにより従来は検知が難しかった難読化されたスクリプトや、ファイルレスマルウェアへの対応が可能となる。
 HTTPS通信のスキャン、Windows Subsystem for Linuxのスキャン機能を備えるほか、警察庁指定の危険サイトのブロックに対応する。
 Kaspersky Security Centerは、ウェブブラウザーに対応した。新たにウェブコンソールを搭載し、ウェブブラウザーを通してエンドポイントのセキュリティ設定と管理を行うことができる。視認性を重視したデザインを採用し、タブレット端末などのタッチスクリーンにも対応したことで、より容易な管理が可能になる。

関連記事(外部サイト)