KDDIウェブコミュニケーションズ、豊田市と地方創生プロジェクトを開始

KDDIウェブコミュニケーションズ、豊田市と地方創生プロジェクトを開始

KDDIウェブコミュニケーションズ、豊田市と地方創生プロジェクトを開始の画像

KDDIウェブコミュニケーションズ(山崎雅人社長)は、全国の市町村とIT企業が連携協定を結び、ITサービスを活用して地方創生を促進するプロジェクト「Cloud ON(クラウドオン)」に取り組んでいる。第二弾として愛知県豊田市(太田稔彦市長)と連携協定を結び、「Cloud ON とよた」を発足した。
 「Cloud ON」プロジェクトの第一弾は、沖縄県の石垣市、糸満市、沖縄市、竹富町、宮古島市の5市町で、2017年4月に「Cloud ON OKINAWA」を発足。KDDIウェブコミュニケーションズのほか、沖縄セルラー電話、CAMPFIRE、Square、freee、FROGS、BASE、ライフイズテック、ラクスルの9社が参画企業として取り組んでいる。
 今回立ち上:げたCloud ON とよたは、豊田市とKDDIウェブコミュニケーションズが連携し、豊田市内の中小個人事業主や生産者などを対象に、抱える課題に最適な支援をITを通じて行う。連携協定に先行し、まず農業分野で取り組みを実施する。稲作農家とネギ農家を対象に、センサーが変化を検知し電話やSMSで通知する「農作業支援通知IoTてるちゃん」の実証実験を開始した。
 稲作農家では水田の水量の増減を把握するために水田に水位センサーを設置し、変化を検知すると電話で通知する。一方、ネギ農家では苗の土壌水分量の変化をセンサーで検知し、水分量が少なくなった場合、電話やSMSで通知する。また、計測するセンサーを変更することで、温度・湿度・照度など、さまざまな状況変化に対応でき、今後はほかの農作物での検証も検討していく。
 農作物販売の支援として、従来のネットショップ販売ではなく、「地域支援型農業(CSA)」などの新規手法を含むそれぞれの農作物に適した販路拡大支援を検討し、実施していく。
 今後は、農業分野だけでなく、観光や商業など産業分野全般に拡大し、地方創生プロジェクトを進めていく。

関連記事(外部サイト)