弱点克服がセキュリティ対策の第一歩、Cohesityが業界初の取り組み

弱点克服がセキュリティ対策の第一歩、Cohesityが業界初の取り組み

弱点克服がセキュリティ対策の第一歩、Cohesityが業界初の取り組みの画像

Cohesity Japan(江尾浩昌代表取締役)は、バックアップデータを活用して企業のIT環境の脆弱性やリスク状況を評価する業界初のセキュリティアプリケーション「Cohesity CyberScan」を提供する。脆弱性を発見することでオンライン犯罪の対策としたい考えだ。
 脆弱性は、ランサムウェアやデータ侵害などサイバー攻撃の標的になる。そのため、サイバー攻撃を回避するため、IT環境の脆弱性を特定し、対処することが大きな課題となっている。
 Cohesity CyberScanは、本番環境の代わりにCohesity DataPlatform上のバックアップデータをスキャンして、組織のIT環境全体の脆弱性を特定する。バックアップデータには、オペレーティングシステム、コンピューター、ネットワークデバイス、コンフィギュレーションが含まれている。このアプリケーションでグローバル規模での脆弱性を表示し、ハッカーに悪用される前にどう対処するか、実践的な推奨事項を提示する。
 Common Vulnerabilities and Exposures(CVE)データベース内で定期的に公開されているエントリーに対する脆弱性を特定するため、クラウドでの脆弱性管理ソリューション「Tenable.io」を利用する。また、Cohesity独自のアーキテクチャーも活用し、データを別のアプリケーション環境に移動するのではなく、データが存在するCohesityクラスター上でアプリケーションを直接実行できる。

関連記事(外部サイト)