空飛ぶクルマを販売するエアモビリティが設立

空飛ぶクルマを販売するエアモビリティが設立

空飛ぶクルマを販売するエアモビリティが設立の画像

滑走路がいらない空飛ぶクルマの販売、関連インフラの整備、関連サービスの構築・提供などを行うエアモビリティが8月1日に設立。代表取締役社長には浅井尚氏が就任した。
 小型航空機「eVTOL」のメーカーである英VRCO社と日本における独占販売契約を結んだ。浅井社長はVRCO社の取締役にも就任し、日本市場の総責任者としてVRCO事業も統括する。これによりエアモビリティとVRCO社は、空飛ぶクルマの開発・販売だけではなく、共同で関連インフラやサービスを構築し、提供していく。

関連記事(外部サイト)