アドバンテックとIIJ、IoT分野で協業

アドバンテックとIIJ、IoT分野で協業

アドバンテックとIIJ、IoT分野で協業の画像

台湾に本社を置くアドバンテックとインターネットイニシアティブ(IIJ)は、アドバンテックがグローバル展開している産業分野向けIoTプラットフォーム「WISE-PaaS」の日本での展開で協業することを明らかにした。
 両社はWISE-PaaSの日本リージョンを共同で立ち上げ、アドバンテックのWISE-PaaSにIIJのネットワーク、クラウドサービスを組み合わせた新たなサービス「WISE-PaaS JP(仮称)」としてアドバンテックが2020年1月から提供する。
 アドバンテックは、産業用コンピューターの分野で、高いシェアをもつ。16年からWISE-PaaSをグローバルに展開している。WISE-PaaSは、工作機械などの生産設備や製造ラインに設置された同社の産業用コンピューターやデバイスからさまざまなデータをリアルタイムに収集し、設備やラインの状況を可視化することができる。これにより設備やラインの稼働率把握、設備のリモート監視、予兆保全などが可能になる。
 一方、IIJは閉域モバイルネットワークや顧客専有型クラウド環境への閉域接続など、IoT用途向けに高セキュリティなネットワークとクラウドサービスを提供している。今回、協業することでアプリケーションからハードウェア、クラウド、ネットワーク、セキュリティまでをWISE-PaaS JPのサービスとしてワンストップで提供することができる。
 さらに両社は、物流、運輸、交通、エネルギーなどさまざまな業界に特化したSI企業をパートナーとして連携し、WISE-PaaS JPが提供する仕組みを生かした「ドメイン(領域)特化型ソリューション」の開発と展開を進めていく方針だ。

関連記事(外部サイト)