江の島の公道で自動運転バスの実証実験を開始

江の島の公道で自動運転バスの実証実験を開始

江の島でバス自動運転の実験

江の島の公道で自動運転バスの実証実験を開始

江の島の公道で自動運転バスの実証実験を開始の画像

神奈川県、小田急電鉄、江ノ島電鉄、SBドライブは、江の島周辺の公道で自動運転バスの実証実験を8月21日から30日まで実施、8月21日には報道向けの説明会、試乗会を開催した。
 神奈川県が取り組む「ロボット共生社会推進事業」と、小田急グループが目指す自動運転バスの実用化に向けた取り組みとして、2018年に引き続き実施するもの。使用車両は定員8人の小型バスで、県立湘南海岸公園中部バス駐車場から湘南港桟橋バス停までの片道約2kmを往復する。
 今回は、新たな取り組みとして車両が信号情報を取得して走行するほか、交差点に設置したセンサーによって対向車の有無を確認して右折するなど、昨年より高度な技術検証を行う。
 8月20日まで先着400人の一般試乗客を募集しており、8月26日から一般人の試乗を実施する。乗車料金は無料。

関連記事(外部サイト)