OWW、岐阜県の特別支援学校で遠隔職場実習

OWW、岐阜県の特別支援学校で遠隔職場実習

OWW、岐阜県の特別支援学校で遠隔職場実習の画像

OKIグループの特例子会社であるOKIワークウェル(OWW、堀口明子社長)は、6月10日から14日の5日間、岐阜県立可茂特別支援学校(兒玉哲也校長)で、高等部3学年を対象に「会社に行かない働き方(在宅勤務)」を体験する遠隔職場実習を実施した。
 OWWは2004年から特別支援学校(肢体不自由)向けの遠隔職場実習を実施。累計参加者数は150人を超えた。また、OWWでは現在、全国20都道府県で計54名の通勤困難な重度障害者が在宅で勤務している。障害者の在宅雇用の経験を学校教育に生かす取り組みとして、特別支援学校(肢体不自由)の児童生徒・保護者を対象とした「出前授業」も実施している。
 今回の遠隔職場実習では、学校の要請を受けて、OWWの社員が講師を務めた。重度障害があり通勤困難で在宅勤務をしている自らの体験・経験を生かし、自宅からネットワーク経由で、在宅勤務で最も重要なコミュニケーションなどのビジネススキルと文書作成技術などのITスキルについて、実習を交えながら指導を実施した。
 今後もOWWは子どもたちの勤労観・職業観を育成するキャリア教育への支援活動を続けていく。

関連記事(外部サイト)