ソリマチ、最新会計ソフト「会計王20」「みんなの青色申告20」などを一斉発売

ソリマチ、最新会計ソフト「会計王20」「みんなの青色申告20」などを一斉発売

ソリマチ、最新会計ソフト「会計王20」「みんなの青色申告20」などを一斉発売の画像

ソリマチ(反町秀樹社長)は、4月に先行してリリースした「販売王20」「顧客王20」に続き、財務会計ソフトの最新バージョン「会計王20」「みんなの青色申告20」「会計王20PRO」「会計王20NPO法人スタイル」「会計王20介護事業所スタイル」を8月30日に一斉発売する。
 新製品は、消費税改正、令和対応といった顧客の業務に多大な影響を与える法令改正への対応を徹底的に行い、顧客の業務を全力で支援することをテーマとしている。具体的な機能強化点としては、消費税10%・軽減税率など、新・消費税に対応した機能を搭載。取引日付をもとに税率を自動判別する。また、勘定科目設定で勘定科目・補助科目ごとに初期税率を指定できる。消費税額は自動的に集計する。
 それぞれの用途に合わせて、「実務」「軽減税率」「導入マニュアル」「消費税機能の活用」の4種類の冊子を用意。顧客の業務を支援するためにきめ細かいサポート体制を目指した。
 消費税改正など法令改正によるバージョンアップや機能アップを最大15カ月利用できる。ソリマチでは、顧客の声をもとに随時ソフトの機能改善を図っており、ソフトを最新の状態に保つことで、より快適に利用可能となっている。
 また、電話サポートを15カ月無料で提供する。消費税機能の設定など、操作方法に悩みが生じた際は、実績豊富(延べサポート件数240万件)な専門オペレーターがスピーディーな解決を支援する。
 さらに、電子帳簿保存法とその他の税法に対応した決算書や元帳を作成可能。国税関係帳簿を作成・保存する電子帳簿保存法対応ソフトウェアの機能仕様が、第三者機関である日本文書マネジメント協会(JIIMA)による認証を受けている。
 税別価格は、会計王20が4万円、みんなの青色申告20が9800円、NPO会計王20NPO法人スタイルが4万円、会計王20介護事業所スタイルが4万円。会計王20PRO ライセンスパック(簡易LAN)製品の2ライセンスが9万円、3ライセンスが12万円、追加1ライセンスが3万円。会計王20PRO LANパック製品 for SQL版の5クライアントが60万円、10クライアントが80万円、15クライアントが100万円、20クライアントが120万円。会計王20PRO LANパック製品 with SQL版の5クライアントが75万円、10クライアントが105万円、15クライアントが135万円、20クライアントが165万円。

関連記事(外部サイト)