小型の全天球カメラが宇宙に行く、JAXAとリコーが共同開発

小型の全天球カメラが宇宙に行く、JAXAとリコーが共同開発

小型の全天球カメラが宇宙に行く、JAXAとリコーが共同開発の画像

宇宙航空研究開発機構(JAXA)とリコーは、宇宙空間で360°の全方位を一度に撮影できる小型全天球カメラを共同で開発した。開発したカメラは、小型衛星光通信実験装置「SOLISS」の2軸ジンバル部の動作確認用のモニターカメラとして採用する。
 今回開発したカメラは、コンシューマー向け製品として販売している小型の全天球カメラ「RICOH THETA」をベースに開発。宇宙空間の温度、放射線など宇宙環境に耐えるための装置を備えた。宇宙空間で360°全方位の同時撮影が可能なので、多くの視覚情報を取得することができる。
 2019年9月11日に打ち上げ予定の宇宙ステーション補給機「こうのとり」8号機で国際宇宙ステーション(ISS)へ送り、その後は「きぼう」日本実験棟の船外実験プラットフォームから360°の全天球静止画・動画を撮影し、地上に送信する。
 今後、JAXAは開発した360°カメラを宇宙探査機などの船外モニターカメラとして活用することを目指している。リコーは、360°カメラやその関連するサービスなどさまざまな産業分野、用途へ発展させるとともに、技術研究開発を通じて宇宙開発を含む科学・社会の発展に貢献していく。

関連記事(外部サイト)