サイバーリーズン、米SCHと日本のサイバーセキュリティ人材の育成で協業

サイバーリーズン、米SCHと日本のサイバーセキュリティ人材の育成で協業

サイバーリーズン、米SCHと日本のサイバーセキュリティ人材の育成で協業の画像

AI(人工知能)を活用したサイバー攻撃対策プラットフォーム「Cybereason」を日本市場向けに提供するサイバーリーズン・ジャパン(サイバーリーズン、シャイ・ホロヴィッツ取締役CEO)と、バルクホールディングスの子会社で、サイバーセキュリティ専用トレーニング施設「CYBERGYM TOKYO」を運営する米Strategic Cyber Holdings(SCH、石原紀彦CEO)は8月27日、日本でのサイバーセキュリティ人材の育成を目的に9月2日に協業を開始すると発表した。 今回の協業では、両社が有する最先端のサイバーセキュリティに関するノウハウや実績を生かして、サイバー攻撃対策のトレーニングメニューを新たに共同開発し、サイバーリーズン・ジャパンのMSS(Managed Security Service)販売パートナーや、各種サービスを導入する企業のセキュリティ担当者向けに、10月上旬に提供を開始する予定。
 また、サイバーリーズン・ジャパンとSCHは、サイバーリーズン・ジャパンが提供するエンドポイントセキュリティソリューション「Cybereason EDR」の販売パートナー契約を結び、SCHが運営するCYBERGYM TOKYOのインシデント対応トレーニングでの活用や、トレーニング受講者を通じたサービスの導入支援を行う。

関連記事(外部サイト)