日本HP、ワークステーションなどのバッテリーパックを自主回収

日本HP、ワークステーションなどのバッテリーパックを自主回収

日本HP、ワークステーションなどのバッテリーパックを自主回収の画像

日本HPは、一部のノートPCやモバイルワークステーションに搭載したバッテリーパックと、保守サポートで修理交換したバッテリーパックの自主回収を進めている。今回、回収対象となる範囲を拡大。事故防止のため無償で交換する。 2018年1月5日に、一部のノートPCとモバイルワークステーション用としてサプライヤーの1社から提供されたバッテリーパックに潜在的な安全上の問題があることが判明し、自主回収し無償交換をすることを告知した。19年1月18日には内容の一部を改訂。今回、新たに対象となるバッテリーパックが増加することが判明し、対象範囲を拡大した。
 対象製品は、HP ProBook 640 G2 Notebook PC/645 G2/650 G2、HP ZBook Studio G3 Mobile Workstation/G4、HP ZBook 17 G3 Mobile Workstation/G4などのバッテリーパック。また専用ウェブサイトで交換対象となっている製品を確認できる。

関連記事(外部サイト)