セキュリティ会社×大学、AIを活用したサイバー防御の共同研究を開始

セキュリティ会社×大学、AIを活用したサイバー防御の共同研究を開始

セキュリティ会社×大学、AIを活用したサイバー防御の共同研究を開始の画像

セキュリティベンダーのラックと九州工業大学は、サイバー攻撃を防御するAI活用技術の確立を目指し、9月1日から共同研究を開始する。
 サイバーセキュリティ会社のラックと、AIに関する研究で高い知見をもつ九州工業大学は、潜伏した脅威と兆候を検知し、サイバー攻撃を未然に防御するためのAIを活用した次世代データ分析の分野で共同で研究を進める。
 具体的にはラックが持つセキュリティサービスにかかわる知見と膨大なデータ、世界中の脅威情報収集基盤から集められる鮮度の高い有益なデータを、九州工業大学の中村研究室で開発したAIに学習させ、新たな分析手法を確立する。これにより脅威と兆候を見つけ出し、サイバー攻撃による被害の極小化を目指す。また、サイバーセキュリティ分野だけではなく、膨大なデータに対する新たなデータ処理手法とアルゴリズムの確立も目指す。

関連記事(外部サイト)