アクロニス、サイバープロテクションを強化するAcronis Cyber Services

アクロニス、サイバープロテクションを強化するAcronis Cyber Services

アクロニス、サイバープロテクションを強化するAcronis Cyber Servicesの画像

アクロニスは、企業のサイバープロテクションを強化する「Acronis Cyber Services」の提供を開始したと発表した。当初は米国を中心とした英語圏での提供を予定しており、日本での提供については未定。 Acronis Cyber Servicesは、サイバーセキュリティのトップエキスパートが提供する一連の効率化されたサービス。具体的には、「Acronis Security Assessment Services」「Acronis Security Awareness Training」「Acronis Incident Response Service」の3つのサービスで構成される。
 Acronis Security Assessment Servicesは、脆弱性スキャンとペネトレーションテストが含まれており、企業が重要なデータに対するリスクを特定し、現実のシナリオでの複雑なセキュリティ問題を軽減する方法について理解して、テクノロジー、人、ビジネスプロセスに対してより良いセキュリティポリシーを導入する準備体制を整えることができる。
 Acronis Security Awareness Trainingは、企業の社員やITスタッフに対して最新のセキュリティ実践手法について十分な教育を行い、経営幹部に対しても特に自社を標的とするようにカスタマイズされた最新のフィッシング攻撃の検出についてトレーニングを行う。
 Acronis Incident Response Serviceは、企業でセキュリティ侵害が発生した場合にエンタープライズレベルのインシデント対応を行うために、事前に利用条件を交渉したうえで計画を策定する。このサービスによって、迅速な復元、規制要件への準拠、今後の法的機関からの要請に応じるための証拠収集、必要に応じた風評被害への対処のための企業の対応能力を向上できる。
 サービスプロバイダーは、Acronis Cyber Servicesを利用することで、複数の専用ソリューションと契約を結ぶことなく、アクロニスと単一の契約を結んで、世界に通用する幅広いサービスによってポートフォリオを強化できる。また、この新サービスでは、MSPの業務も効率化できる。例えば、法人顧客向けにセキュリティ侵害を防止するための社員向けトレーニングを実施することで、MSPはサポートの必要のあるチケット数を削減して、効率と収益性を高めることができる。

関連記事(外部サイト)