5G関連事業拡大に向けて京セラと宇部興産が合弁設立へ

5G関連事業拡大に向けて京セラと宇部興産が合弁設立へ

5G関連事業拡大に向けて京セラと宇部興産が合弁設立への画像

京セラ(谷本秀夫社長)と、宇部興産(泉原雅人社長)は、第5世代(5G)通信基地局用のセラミックフィルタ事業の拡大を目的とする合弁会社設立に合意し、合意契約を結んだ。 2019年12月をめどに、宇部興産の100%子会社であるユー・イー・エル(池内博通社長)の株式51%を京セラが取得。京セラ宇部RFテックとして新体制で事業を開始する予定だ。
 大容量・低遅延・多数接続を可能とする5G移動通信システムには、比較的広範囲をカバーするマクロセル基地局とスポット的に超大容量のデータ通信に対応するスモールセル基地局があり、今後普及が進む見通しだ。これらの基地局は、多数のアンテナを配置するとともに、狭小な場所にも設置できるように部品の小型化が必要となる。
 こうした中、ユー・イー・エルの主力製品であるセラミックフィルタは、基地局でアンテナと対になる重要部品だ。5Gに対応した特定の周波数を通過または遮断させる機能を備えており、セラミックスを用いることで、高出力と小型化が可能になる。特にマクロセル基地局では、金属製フィルタの代替製品としての期待が高まっている。
 合弁会社・京セラ宇部RFテックでは、ユー・イー・エルが培ってきたフィルタの設計技術力と、京セラの生産技術力やグローバルな営業力を融合させ、5G通信基地局用のセラミックフィルタ事業の拡大を目指す。

関連記事(外部サイト)