ファナックなど3社、製造現場の5Gの有用性を検証

ファナックなど3社、製造現場の5Gの有用性を検証

ファナックなど3社、製造現場の5Gの有用性を検証の画像

ファナック(山口賢治社長)、日立製作所(東原敏昭社長)、NTTドコモ(吉澤和弘社長)の3社は、第5世代移動通信方式(5G)を活用した製造現場の高度化に向けて共同検討を開始する
 3社は工場・プラント内の完全無線通信化を目指し、山梨県にあるファナックの本社工場と茨城県にある日立製作所の大みか事業所の製造現場で、5Gの電波伝搬測定と伝送実験を開始。工場やプラントでの生産制御システムに必要な高信頼ネットワークにおける5G活用検証を行う。
 ファナックの自社工場では装置、ロボット、工作機械、センサーなどの産業機器との5G接続と無線制御を、また日立製作所の大みか事業所内では制御ネットワークへの適用性検討や高精細映像のリアルタイム共有などによる遠隔保守作業支援をそれぞれ検証する。このほか製造現場のさまざまな環境で、5Gの有用性の検証を行う計画だ。
 今後3社は実証実験を通してそれぞれのノウハウを持ち寄り、製造現場でのリアルタイムなデータを活用した生産性や品質管理の向上などに向けて、5Gの活用について幅広く検討を進めていく。

関連記事(外部サイト)