世界初の「Chromebook Enterprise」対応PC、デルとEMCが発売

世界初の「Chromebook Enterprise」対応PC、デルとEMCが発売

世界初の「Chromebook Enterprise」対応PC、デルとEMCが発売の画像

デルとEMCジャパンは、Chrome OSを搭載し、Chrome Enterpriseに対応するビジネス向けPC「Latitude 5400 Chromebook Enterprise」と「Latitude 5300 2-in-1 Chromebook Enterprise」を9月3日に発売した。Googleとのパートナーシップによるもので、世界初のChromebook Enterprise対応PCになる。
 2モデルとも第8世代インテル Core i5/i7を選択でき、メモリは4GB〜32GBまで搭載できる。長時間駆動するバッテリーと、高速充電ができるExpressChargeテクノロジーを搭載する。小型で耐久性に優れたシャーシを採用するほか、ビジネスにおける日常的な過酷さに耐えられるよう、17 MIL-STDに適合した。10種類の言語キーボードを構成でき、オプションでLTEに対応する。また、「Chrome Enterprise」もデル・EMCジャパンから提供する。
 税別価格は14インチ液晶を搭載したLatitude 5400が10万5500円から、13.3インチ液晶を搭載した2-in-1モデルのLatitude 5300 2-in-1が14万1500円から。

関連記事(外部サイト)