LINE WORKSが農業ICTと連携、スマホを使ったスマート農業が実現

LINE WORKSが農業ICTと連携、スマホを使ったスマート農業が実現

LINE WORKSが農業ICTと連携、スマホを使ったスマート農業が実現の画像

ワークスモバイルジャパン(石黒豊社長)は、同社が提供する仕事用のLINE「LINE WORKS」とネクスグループ(秋山司社長)が提供する農業ICTシステム「NCXXファーム(ネクスファーム)」が連携したと9月9日に発表した。
 「NCXXファーム」は、換気扇、窓、遮光・保温カーテン、ミスト発生装置、灌水システムなど農業用ハウスの複数の環境制御ツールと連動し、ハウス環境、農作業状況を可視化する農業ICTシステム。
 LINE WORKSとNCXXファームが連携することで、NCXXファーム上でリアルタイムに変動する農耕地の状況をスマートフォンとLINE WORKを使って、いつでもどこでも把握することができる。悪天候など非常時には、NCXXファームが異常を検知次第、即座にLINE WORKSでアラートを受け取ることができ、現場作業員へ迅速な指示を行うことができる。
 また、LINE WORKSはLINEのユーザーインターフェース、ユーザーエクスペリエンスを踏襲しており、専門的なIT知識がなくてもNCXXファームの情報にアクセスすることができる。農耕地に常駐せずに生産管理ができ、予測が難しい天候リスクなどの異常事態にも即座の状況把握・対応できることで、生産者のさまざまな作業負担軽減を実現できる。

関連記事(外部サイト)