デンソーとBlackBerry、共同開発した統合コックピットシステムを今秋発売

デンソーとBlackBerry、共同開発した統合コックピットシステムを今秋発売

デンソーとBlackBerry、共同開発した統合コックピットシステムを今秋発売の画像

BlackBerryとデンソー(有馬浩二社長)は、複数のメーターなどのヒューマンマシンインターフェース(HMI)製品を連携させ、ドライバーの利便性を向上させる統合コックピットシステム「Harmony Core」を共同で開発した。今秋から米国で販売するSUBARU製の「レガシィ」「アウトバック」(米国仕様)に搭載する。
 近年、カメラやセンサーを用いた高度運転支援機能や、スマートフォンと車を連携させたエンターテインメント機能の向上により、車がドライバーに伝える情報量が増加している。そのため、車内にはメーターやナビゲーションなど複数のHMI製品が搭載。それぞれの特性に合わせた個別のOSとマイクロコンピューターが必要となる。具体的には、車両安全性に関わるメーターの制御に高信頼性のあるOS、アプリケーションに汎用性の高いOSと、用途によってOSが異なる。
 Harmony Coreは、特性の異なるOSで作動する複数のHMI製品を一つのマイクロコンピューターで制御することができる。BlackBerryの「QNX Hypervisor」を世界で初めて車載し、メーター、車載マルチメディア、HUDなどの複数のHMI製品がもつ特性の異なる基本OSをQNX Hypervisorで一つのマイクロコンピューター上で動作させる。これにより、製品同士の表示や音を調整し、車両周辺や運転手の状況に応じて注意喚起や警告を分かりやすくディスプレイに表示したり、音で知らせたりできる。
 なお、開発には車内環境や操作性など、車に求められる最新のユーザーエクスペリエンス(UX)を熟知したSUBARU(中村知美社長)の協力を得ている。

関連記事(外部サイト)