田舎がもっと身近になる、VRを使った空き家の遠隔内見システム

田舎がもっと身近になる、VRを使った空き家の遠隔内見システム

田舎がもっと身近になる、VRを使った空き家の遠隔内見システムの画像

鹿児島県出水郡長島町、KDDI、川商ハウス、長島未来企画は、空き家の活用と定住促進のため、移住定住施策として高解像度VRを活用した遠隔内見システムを構築した。
 人口流出や働き手不足といった課題を抱えている長島町では、空き家の活用と定住促進のため、2018年1月以降、空き家の改修費の補助対象の拡充や不動産会社や金融機関と連携した貸し手と借り手の双方に利用しやすい環境整備などを実施してきた。このような取り組みの中で、転居・移住希望者に空き家を一軒一軒案内することは時間がかかり、効率化の課題があった。
 課題解決策として、町の空き家バンクに登録された物件や、その周辺情報を高解像度VRコンテンツ化し、遠隔から内見することができる。これにより移動にかかる労力、時間を大幅に軽減できる。
 高解像度VRは、長島町役場、川商ハウス鹿児島本店、川商ハウス長島支店の3カ所に常設する。今後長島町が実施する移住定住促進イベントでも活用する。

関連記事(外部サイト)