日立ソリューションズ東日本、製造業向けのIoT/データ分析ソリューションを提供

日立ソリューションズ東日本、製造業向けのIoT/データ分析ソリューションを提供

日立ソリューションズ東日本、製造業向けのIoT/データ分析ソリューションを提供の画像

日立ソリューションズ東日本(宮城県仙台市、小玉陽一郎社長)は、製造業の設備と人の状況を可視化し、これまで同社が蓄積したデータ分析のノウハウを活用した製造業向けの生産性向上IoT/データ分析ソリューション「WellLine」を提供する。 WellLineは、IoTとデータ分析を活用した生産性向上のためのアプリケーション。さまざまな設備の運転/停止/障害(エラー)などの稼働ステータスを無線技術を使って簡単に収集できる。無線機能を持つセンサーを内蔵した「サイコロ型デバイス」を使用して、設備の周辺で行われている人の作業を簡単に収集し、同様のセンサーを携帯タグとして作業者が持ち歩くことで、フロア中のどの区画に滞在していたかの履歴も収集できる。
 収集した全てのデータは都度、クラウドにあるデータベースに送信・格納し、即座にアンドンや分析画面、人・設備チャートで可視化できる。設備と人の稼働情報を合わせて可視化、分析することで非生産・ロス時間を認識し、生産性低下の要因を発見することができる。
 日立ソリューションズ東日本は、WellLineに加えて、データ活用のシナリオ。アプリケーション、ノウハウなども合わせて提供することで、製造現場の生産性向上を支援する。なお、WellLineの販売計画として、周辺SIを含め今後3年間で5億円の売り上げを目指す。

関連記事(外部サイト)