アルプスアルパイン、ユーザーに合った移動ルートをレコメンド、最新コクピットを展示

アルプスアルパイン、ユーザーに合った移動ルートをレコメンド、最新コクピットを展示

アルプスアルパイン、ユーザーに合った移動ルートをレコメンド、最新コクピットを展示の画像

アルプスアルパイン(栗山年弘社長)は、10月24日から11月4日までの12日間にわたって東京ビッグサイトで開催する「第46回東京モーターショー2019」に出展し、最新Automotive関連技術を紹介する。
 同社は、大きな技術トレンドとなっているCASE(コネクテッド、自動運転、カーシェアリングとサービス、電気自動車の略)領域に積極的に取り組んでいる。イベントでは、その最新技術「Seamless Smart Mobility Solution」コクピットを展示する。展示する技術は、5G通信によって自動車がさまざまなモノとつながるIoT時代を見据えたコクピットで、自動車を取り巻くさまざまなサービスをシームレスにつなぐことで、車室内での操作性や高級感などを高めて居心地のいい移動空間を追求した。
 具体的には、スマートフォンで目的地を設定すると、ユーザーの嗜好に合わせて自動的に移動ルートや立ち寄る施設などのプランを設定する。ブロックチェーンを活用したデジタルキー、加飾印刷・静電容量技術をはじめとしたPremium HMI(ヒューマンマシンインターフェース)テクノロジーなど、最新技術を融合したMaaS(モビリティ・アズ・ア・サービス)に貢献する次世代のソリューションを紹介する。
 このほか、音響技術によって次世代車の車室内に利便性・快適性をもたらすPremium Soundのテクノロジーも紹介。レイアウトフリースピーカーで、独自の磁気回路で小型・軽量化を実現しつつ、独創的な構造を採用することで従来のスピーカーと同等の性能を発揮する。取り付け条件の制約が少なく、各座席への搭載が可能になるので、乗車者一人ひとりがそれぞれの音を楽しむ「パーソナルゾーンサウンド」を実現できるという。

関連記事(外部サイト)