ロボットが店長を務めるカフェが兵庫県西宮市にオープン

ロボットが店長を務めるカフェが期間限定オープン AIで客の表情などから接客を学習

記事まとめ

  • 阪神西宮駅に隣接する施設に最新業態のカフェ「カフェ ロボット」がオープンする
  • 最先端のAIテクノロジーを用いたカフェで、11月9日から約3カ月の期間限定で営業
  • カフェ内に人の姿はなく、ロボットの店長がドリップコーヒーなどの各種ドリンクを提供

ロボットが店長を務めるカフェが兵庫県西宮市にオープン

ロボットが店長を務めるカフェが兵庫県西宮市にオープン

ロボットが店長を務めるカフェが兵庫県西宮市にオープンの画像

阪急阪神不動産と阪急阪神ビルマネジメントは、阪神西宮駅の高架下と同駅に隣接する商業施設「エビスタ西宮」のフードホール「STREET KITCHEN」で、最先端のAIテクノロジーを用いた最新業態のカフェ「カフェ ロボット」を、11月9日から約3カ月の期間限定でオープンする。
 「カフェ ロボット」では、カフェ内に人の姿はなく、ロボットの店長がドリップコーヒー、カフェラテ、カフェモカなどの各種ドリンクを提供する。さらにロボット店長はコーヒーを淹れるだけではなく、話したり、踊ったりしてお客をもてなす。AIを搭載し、お客の表情や反応を元に適切な接客パターンを学習することで接客スキルを磨いていく。
※お詫び
記事配信時、タイトルに誤りがありました。
お詫び申し上げますと共に、下記に修正いたします。
誤:大阪・西宮市
正:兵庫県西宮市

関連記事(外部サイト)