ネットジャパン、バックアップ/ディザスタリカバリ製品の新版

ネットジャパン、バックアップ/ディザスタリカバリ製品の新版

ネットジャパン、バックアップ/ディザスタリカバリ製品の新版の画像

ネットジャパン(蒋冠成社長)は、バックアップ/ディザスタリカバリソリューションの新版「ActiveImage Protector 2018 Update 4」を11月7日に発売した。税別価格は13万1900円。
 ActiveImage Protectorは、物理/仮想サーバーにアプリケーションをインストールするエージェントベースとインストールしないエージェントレスの両方に対応した企業向けのバックアップ/ディザスタリカバリソリューション。今回の新版では、ポストバックアップ機能にレプリケーション機能を追加し、オフサイトでイメージファイルを保存できるようになった。レプリケーション(保存)先は、ローカルストレージをはじめ、WebDAV、FTP、Amazon S3、Azure Storage、OneDrive、Google Drive、Dropboxなどクラウドストレージサービスにも対応している。
 また、バックアップイメージが起動可能であることを保証する機能のBootCheckが、イメージファイル管理内から手動でも使用できるようになり、ユーザーの任意のタイミングで起動確認できるようになった。さらに、Linux LVMを含むバックアップイメージから直接仮想スタンバイマシンをハイパーバイザー上に作成できるようになった。これにより、迅速に復元を行うことができる。

関連記事(外部サイト)