KDDI、全面禁煙とドレスコード廃止、健康経営と働き方改革実現のため

KDDI、全面禁煙とドレスコード廃止、健康経営と働き方改革実現のため

KDDIでドレスコード廃止に

KDDI、全面禁煙とドレスコード廃止、健康経営と働き方改革実現のため

KDDI、全面禁煙とドレスコード廃止、健康経営と働き方改革実現のための画像

KDDIは、健康経営・働き方改革の一環として、10月からオフィス内喫煙室の廃止による全面禁煙と、オフィス内での全社一律のドレスコードの廃止を実施している。
 禁煙の取り組みは、2020年4月から全国106拠点のKDDIオフィスを全面禁煙とし、21年3月までにKDDI社員の喫煙率18%以下を目指す。これに先立ち、18年度に禁煙外来の受診促進、KDDI社員向けの健康ポイントプログラムにおける禁煙成功者へのポイント付与など、禁煙推進の取り組みを進めてきた。
 ドレスコード廃止の取り組みでは、従来の固定観念にとらわれず、新しい発想・新しい価値観での業務遂行を浸透させることを目的に、19年10月から「スーツとネクタイ」という従来型で全社一律のドレスコードを廃止。特定の装いを強制することなく、社員一人ひとりが自律的に考え柔軟な働き方をすることで、よりイノベーティブなワークスタイルへの変革を目指す。

関連記事(外部サイト)