自動運転バスの開発へ、SBドライブがフィンランドのSensible 4と協業

自動運転バスの開発へ、SBドライブがフィンランドのSensible 4と協業

自動運転バスの開発へ、SBドライブがフィンランドのSensible 4と協業の画像

ソフトバンク(宮内謙社長兼CEO)の子会社であるSBドライブ(佐治友基社長兼CEO)は1月15日、全天候型の自動運転バス「GACHA(ガチャ)」を開発したフィンランドのSensible 4と協業すると発表した。両社は、欧州と日本で自動運転バスを普及させることを目的に、まずSBドライブの自動運転車両運行プラットフォーム「Dispatcher(ディスパッチャー)」と連携させたGACHAを、フィンランドの公道で運行する予定。
 GACHAは、先進的なセンサーを活用した自車位置の高精度な推定と障害物検知により、大雨や雪、霧が発生している場合などでもあらかじめ設定したルートを自動走行することが可能な車両。また、Dispatcherは、複数の自動運転車両の運行を遠隔地から同時に管理・監視できるプラットフォーム。車内での転倒事故につながりやすい、乗客の着座前発進や走行中の車内移動などをAI(人工知能)で検知して遠隔監視者や乗客に注意喚起を行う機能や、それらの事象が過去に発生した箇所や回数を地図上で確認して運行ルートや車両設定の改善に利用できる機能、出発地と目的地を指定して遠隔地から車両に走行指示を出す機能などを備えている。
 今回の協業によりSBドライブとSensible 4は、Dispatcherと連携したGACHAの運行実験を実施するほか、自動運転バスの運行オペレーションの確立に向けて自動車メーカーと提携することも視野に入れている。
 なお、Dispatcherは現在、Navyaのハンドルがない自律走行バス「NAVYA ARMA」や、日野自動車の日野ポンチョと日野リエッセをベースに先進モビリティが改造した自動運転バス、スズキの普通自動車「ソリオ」、TLDのトーイングトラクター「TractEasy」など10種類の車両の運行管理・監視に利用することが可能。SBドライブでは、今後もさまざまな自動運転車両の運行管理・監視にDispatcherを利用できるよう開発を進めていく考え。

関連記事(外部サイト)