リコー、「在宅勤務パック」で中小企業のテレワークを支援

リコー、「在宅勤務パック」で中小企業のテレワークを支援

リコー、「在宅勤務パック」で中小企業のテレワークを支援の画像

リコージャパン(坂主智弘社長)は、ICT機器やサービスを組み合わせて中小企業の在宅勤務環境の構築を支援する「在宅勤務パック」の提供を3月25日に開始した。顧客の在宅勤務の早期実現のため、一部の構成商品について期間限定の特別価格で提供する。
 新型コロナウイルスの感染拡大を受け、従業員の在宅勤務を導入する企業が増加している。しかし、専任のIT管理者のいない中小企業では、実施に当たってどこから着手すればいいのかわからず、導入が進んでいない企業も多い。そこで、在宅勤務パックでは「自宅でメールやデータを共有したい」「自宅から資料を見ながら遠隔会議をしたい」「自宅から自社サーバーのデータにアクセスしたい」といった顧客の要望ごとに、リコージャパンが必要な機器やサービスを組み合わせて提案することで、安全・安心に在宅勤務を開始できる環境の構築を支援する。
 具体的には、Windows 10に対応したセキュアなモバイルパソコンなどのICT機器、モバイルでのインターネット環境を提供する「NETBegin BBパックSelectモバイルメニュー」、社外から自社サーバーにアクセスするためのVPN環境を構築する「NETBegin BB パック Nextスタンダード」や「Merakiスマートサービス」、場所にとらわれないコミュニケーションを実現する「RICOH Unified Communication System Apps」「Microsoft Teams」などのクラウド会議ツールを、顧客のニーズに合わせて提案する。
 なお、5月末日までの申し込み分は、NETBegin BBパック Select、RICOH Unified Communication System Apps、Microsoft Teamsなど同パッケージを構成する一部の商品について、初期導入費用の無償化や月額利用料の無償化など期間限定の特別料金で提供する。

関連記事(外部サイト)