+Styleがスマホや音声で開閉できる「スマートカーテン」を発売へ 特許取得の開閉をアシストする機能も利用可能

プラススタイルは9月8日、カーテンレールに取り付けるとカーテンの自動開閉が可能になる「スマートカーテン」の予約受付を開始しました。10月7日に発売し、10月6日までに予約すると1000円OFFとなるキャンペーンを実施します。

本体の“カーテンユニット”と、ユニットをカーテンレールに引っかける“ランナー”を取り付けるだけでカーテンをスマート化できる製品。基本セットはカーテンユニットとWi-Fi接続ユニットを同梱し、カーテンユニットは1台ずつ追加購入できるので、片開き・両開きのいずれのカーテンにも対応できます。ランナーはレール形状のC型・I型・O型の3種類が用意されています。複数の窓のカーテンを同時に管理・操作することも可能。

スマートフォンの「+Style」アプリからスワイプ操作やワンタップで開閉できる他、スマートスピーカーと連携してGoogleアシスタント、Amazon Alexaの音声アシスタントによる音声操作に対応。アプリからスケジュールやタイマーを設定することもできます。

同社が特許を取得した“オート開閉”機能は、カーテンを引く動作を認識して、後はスマートカーテンが動きを引き継いでくれるという開閉のアシスト機能。耐荷重試験で8.8kgの荷重をクリアするパワフルなモーターを搭載するので、遮光カーテンのように重いカーテンの開閉に重宝しそうです。

動作音は50dBAと静音性に優れ、バッテリーは単三アルカリ電池3本で最長8か月の使用が可能。電池交換のタイミングはスマホに通知できます。

他のスマート家電との組み合わせで、起床時にカーテンを開いてテレビをON、さらにコーヒーメーカーでコーヒーを作る連携や、日没時間に合わせてカーテンを閉じてシーリングライトをONにする連携など、ユーザーの生活に合わせたルーチンが設定できます。

価格はカーテンユニットとWi-Fi接続ユニットのセットが1万3800円(税込)、カーテンユニット単体が1万800円(税込)。発売日前日の10月6日までに予約すると、それぞれ1000円OFFの1万2800円(税込)、9800円(税込)で販売する予約キャンペーンを実施中です。

関連記事(外部サイト)