ハイレゾ相当の高音質コーデックaptX adaptiveに対応 ゼンハイザーがANC対応の完全ワイヤレスイヤホン「CX Plus True Wireless」の予約受付を開始

ゼンハイザーは9月14日、完全ワイヤレスイヤホンの新製品「CX Plus True Wireless」を発表。同日より予約受付を開始し、9月28日以降、順次発売します。

SBC、AAC、aptXに加えて、ハイレゾ相当の高音質コーデックaptX adaptiveに対応。24bitのビットレートに対応し、最上位モデル「MOMENTUM True Wireless 2」と同等の7mmドライバーによる高解像度なサウンドが楽しめるのが特徴です。True Wireless Mirroring対応のQualcomm製チップを搭載し、省電力に加えて低遅延で音途切れしにくいパフォーマンスを実現します。

アクティブノイズキャンセリング(ANC)に対応。フィット感の高いイヤホンによるパッシブノイズキャンセリングとの組み合わせにより周囲の音を遮断します。サウンドを際立たせるために、圧迫感のない自然なANC効果を持たせているのが特徴。外音取り込み機能にも対応します。

Qualcomm製チップとノイズ軽減マイクの搭載により、通話時は風切り音や駅ホームの電車の音、路上の周囲の騒音といったノイズ、ボイスエコーを抑えて通話音声をクリアに届けます。

IPX4の防滴仕様。イヤホン単体で最大8時間、充電ケースを併用して最大24時間のバッテリー寿命を実現しています。

専用アプリ「Smart Control」は、「ベースブースト」「ムービー」「ポッドキャスト」の3種類のプリセットやイコライザーから音の調整ができる他、イヤホンのタッチコントロールのカスタマイズなどに対応します。

価格はオープンで、店頭想定価格は2万1780円(税込)。ブラックのモデルを9月28日に発売し、ホワイトのモデルは10月中旬に発売を予定しています。

関連記事(外部サイト)