AmazonとヤマダホールディングスがFUNAIブランドでFire TV搭載のスマートテレビを発表 43V〜55V型4Kと32V型HDの4モデルをラインアップ

Amazonとヤマダホールディングスは2月17日、日本初のFire TV搭載スマートテレビの予約販売を開始したことを発表しました。ヤマダホールディングスが独占販売権を有する“FUNAI”ブランドとして、ヤマダホールディングス限定で販売。同日からAmazon上のヤマダデンキで予約販売を開始し、3月5日から全国のヤマダホールディングス店舗、ヤマダウェブコムで順次販売と出荷開始を予定しています。

地上波・BS・CS・4Kの各種放送と、Fire TVによるストリーミング動画の視聴ができるスマートテレビ。Prime Video、YouTube、Netflix、Hulu、TVer、ディズニープラス、ABEMA、DAZNなどのストリーミングサービスから45万以上の映画作品やテレビ番組のエピソードが視聴可能。ホーム画面に地上波もネット動画もまとめて表示、シンプルなユーザーインタフェースで操作できるのが特徴です。

地上波・BS・CS・4Kのテレビ番組は、外付けハードディスクに録画して視聴することも可能。各種映像機器や録画用ハードディスクを接続するために、HDMIを3ポート、USBを2ポート、Opticalを1ポート搭載する他、LAN端子、デュアルバンド、デュアルアンテナ、5GHz対応のWi-Fi機能を備えています。

Fire TVシリーズでおなじみの、カーソルを操作するナビゲーションボタンを搭載するリモコンに選局ボタンを追加した独自のリモコンが付属。直感的な操作を可能にしています。

最大6人までユーザーのプロフィールを登録可能。直前に観ていたチャンネルを表示したり、ドラマや映画の続きを再生したり、チャンネルをお気に入りに登録してカスタマイズできます。

Alexaとの連携も大きな特徴。リモコンのAlexaボタンを押してコンテンツの検索や動画・音楽を音声操作できる他、Alexaスキルを使って天気やニュースなどの様々なサービスを利用できます。カメラ、照明、セキュリティシステムなどスマートホーム機器の操作にも対応。Echoシリーズのスマートスピーカーやスマートディスプレイとペアリングすることで、ハンズフリーでテレビを操作することもできまあす。

製品ラインアップは4モデル。32V型のHD解像度(1366×768)モデルは地上デジタル2チューナー、BS・110度CSデジタルを2チューナー搭載で、8Wスピーカーを2基搭載。4月末から店頭販売・出荷開始予定で、価格は5万4780円(税込)。4K解像度(3840×2160)モデルは地上デジタル2チューナー、BS・110度CSデジタルを2チューナー、BS4K・110度CS4Kを2チューナー搭載、HDR10/HLGに対応し、10Wスピーカーを搭載。3種類の画面サイズをラインアップします。43V型は10万9780円(税込)、50V型は12万780円(税込)、55V型は14万2780円(税込)。

2月17日から3月4日の23時59分までにAmazonのヤマダデンキで予約注文すると、43V型4Kが7万6780円(税込)、50V型4Kが8万7780円(税込)、55V型4Kが10万9780円(税込)の特別価格で購入できるプロモーションを実施しています。

関連記事(外部サイト)