マイクロソフトの2画面スマホ「Surface Duo 2」で「Xbox Cloud Gaming」を遊んでみた

日本マイクロソフトが1月11日に発売した2画面スマートフォン「Surface Duo 2」のレビューをお届けします。主な特徴をチェックしつつ、2画面に対応した「Xbox Game Pass」アプリを使ってクラウドゲーミングサービス「Xbox Cloud Gaming」を遊んでみたので、詳しくご紹介します。

Surface Duo 2は、閉じた状態で5.8インチ、開いた状態で8.3インチの画面が利用できる“PixelSense Fusionディスプレイ”を搭載する2画面スマートフォン。1枚のディスプレイを折り曲げて使う折りたたみスマートフォンとは異なり、2つの画面を向かい合わせにして開閉するスマートフォンです。

5Gに対応するQualcomm Snapdragon 888 5Gプロセッサー、トリプルレンズカメラを搭載します。

閉じた状態で厚さ11.0mm、開いた状態では厚さ5.50mmと薄く、マイクロソフトによると「地球上で最も薄い5Gデバイス」とのこと。

OSはAndroid 11で、Google PlayからAndroidアプリをインストールして利用できます。「ブラウザでウェブサイトを見ながらTwitterをチェックする」「Teamsでオンライン会議に参加しながらOneNoteでメモを取る」など2画面それぞれで別アプリを起動して使ったり、2画面に対応したアプリを使ったユニークな作業環境を実現するのが特徴です。2画面対応アプリでは、例えばOutlookなら受信トレイとメール本文を別画面に表示するなどPCライクに利用できるのがポイントで、PC同様の生産性を実現します。

カメラの利用も2画面でユニークな体験に。撮影した写真を大きな画面で確認しながら、もう一方の画面で撮影ができる他、本体を折り曲げて置くことで、三脚がなくてもカメラを固定した撮影が可能になります。

2画面をひとつの大画面として使うこともできます。1画面で開いたアプリを2画面の間にドラッグすると、両画面を1つの画面として開けるので、8.3インチの大画面に表示可能。ブラウザは2画面を縦に並べて表示すると、大画面で読みやすくなります。

Microsoft Office、Teams、Edgeブラウザといったマイクロソフト製のアプリが2画面対応アプリとして公開されていたのですが、筆者が特に注目していたのがXbox Game Passアプリ。

Xbox Game Passアプリでは、定額制ゲームサービス「Xbox Game Pass Ultimate」のユーザー向けにクラウドゲーミングサービスのXbox Cloud Gamingが提供されていて、Xbox本体を持っていなくてもAndroidデバイス上でXboxゲームが遊べるようになっています。

Xbox Cloud Gamingに収録するゲームの一部は、スマートデバイスだけでプレイできるようにタッチコントロールに対応します。タッチ対応のゲームは、Surface Duo 2ではゲーム画面とタッチ操作用の画面を独立して利用できるのです。下の画面を両手で持ち、ニンテンドーDSのように遊べるわけですね。

起動してタッチ対応ゲームのリストを確認したところ、既に110タイトル以上の対応ゲームがズラリ。

操作画面はカスタマイズ性が高く、そのゲームに適したレイアウトやデザインでボタンが配置されています。例えば「Hades」は「RT」「RB」やRスティックの押し込み操作が多いため、ABXYボタンのすぐそばにボタンを配置。「Narita Boy」では、ジャンプやソード攻撃のボタンが分かりやすいアイコンで表示されます。スティックの操作はドラッグで対応し、直感的な操作が可能。

「ドラゴンクエストXI 過ぎ去りし時を求めて S」や「SCARLET NEXUS」といった国産タイトルも、タッチ操作に対応。マップを開くボタンや「X+A」キーによる攻撃など、ゲーム内容に応じてカスタマイズした操作画面が表示されます。

「Gears 5」はタッチ操作に加えて、ジャイロ操作にも対応。本体を傾けることで、さらに直感的に視点を移動することができます。

1画面で1344×1892の解像度があり、Snapdragon 888&8GBメモリーと高パフォーマンスなことから、いずれも滑らかな動きで美しいグラフィックスのゲームプレイが楽しめました。

コントローラー操作にのみ対応するタイトルは、Xboxコントローラーをペアリングしてプレイ可能。画面を折って立てる“テントモード”で設置すれば、コントローラーと一緒に持ち歩いて、いつでもどこでもプレイできます。

このように、クラウドゲームのプレイ環境としても魅力的なSurface Duo 2。仕事に遊びに、幅広く活躍するデバイスになりそうです。

関連記事(外部サイト)