楽天モバイル0円廃止で広がる解約祭り「即解約する」「契約を維持する理由がない」

楽天モバイルは1GB未満の利用者の料金を0円にするプランを提供していたが、2022年5月13日、突如として0円プラン(Rakuten UN-LIMIT VI)をやめると発表した。

未使用でも1GB未満でも税込1078円

7月1日から新プラン「Rakuten UN-LIMIT VII」がスタートし、データ利用量が0〜3GBの場合は税込1078円となる。つまり楽天モバイルを契約しているだけで、未使用でも1GB未満でも税込1078円かかる。

多くの人たちが0円で楽天回線を維持していた

この件に関して多くの人たちが不安と不満の声をあげており、解約宣言をする人が続出。多くの人たちが、0円で回線を維持していた事がわかる現象といえよう。解約する人たちにとって、楽天モバイルが0円でなくなったならば、利用する理由がないということだろうか。

<インターネット上の声>

「楽天の0円が終わるなら即解約だなあ」
「0円で楽天回線を維持している人もいるのに! 楽天を絶対許さないよ」
「私は楽天モバイルを解約する事にしました」
「回線を0円で維持できなくなるの? なら回線維持するかどうか考え直すしかない」
「楽天に金を出して契約するほどの価値ないから皆が0円でキープしたがってるのでは」
「これは……終わったよ。何もかもが終わったよ」
「楽天0円ユーザーは新プラン980円に移行されるわけでひと悶着ありそう」
「楽天モバイルの0円プランが廃止されるらしいので解約する」
「当たり前だが値上がりなら回線維持する理由ないよね」
「楽天モバイルとmineoの組合せにしてたから作戦変更しなくちゃいけない」
「楽天モバイル0円やめるみたいだね。楽天との契約前でよかった」
「楽天の価値は0円であること。0円じゃなくなるなら解約するよね」

今回の0円プラン廃止は多大な影響が出そう

スマホ情報のジャンルで人気を博している人気YouTubeチャンネル『お得情報でぶち抜く』の牛さんは「楽天モバイルの0円廃止はかなり痛いですね」とコメントしている。

楽天モバイルを緊急用の回線として確保し、デュアルSIMシステムを駆使してもうひとつキャリアを契約している人も多くいるようなので、今回の0円プラン廃止は多大な影響が出そうだ。

0円廃止を痛いと感じていない人もいる

また、一部のユーザーから「有料になっても1000円ぐらいでしょ?」的な声も出ており、0円でなくなったとしても痛いと感じていない人もいるようだ。今回の楽天モバイルの0円プラン廃止、皆さんはどのように感じているだろうか。


※掲載されているインターネット上の声は書き込みを要約したものです
※記事画像は写真素材無料ダウンロードサイト『ぱくたそ』より

(執筆者: クドウ@地球食べ歩き)