血中酸素計測や心拍の異常検知に対応したスマートウォッチにダイバーズウォッチの機能を統合 Withingsが「ScanWatch Horizon」を発売

Withingsは、アナログ時計型の盤面にスマートウォッチ機能を搭載するハイブリッド型スマートウォッチ「ScanWatch」の新モデル「ScanWatch Horizon」の先行販売をAmazonで開始しました。

ScanWatch Horizonは、ScanWatchにダイバーズウォッチの機能を統合した製品。時計本体に回転式ベゼルを搭載し、ステンレス鋼製でレーザー刻印された目盛から潜水時間を確認することができます。暗闇で光る時計針とインジケーター、反射を防ぐコーティングを施したサファイアガラスなど、視認性に優れた設計を採用しています。

バッテリーは1回の充電で最長30日持続し、防水機能はScanWatchの倍となる100m(10ATM)。水泳やシュノーケリングなどウォータースポーツに使用できます。

心拍を継続的に計測し、「低下」「上昇」「乱れ」といった異常な心拍を感知してユーザーに通知する機能、睡眠時無呼吸症候群の兆候となる呼吸の乱れを感知する機能を搭載。睡眠の長さ、質、サイクルを記録して専用アプリ「Health Mate」から確認できます。血中酸素の計測と運動記録機能により、運動パフォーマンスの向上や、より健康的な生活の促進をサポートする指標になります。

本体カラーはGreenとBlueの2色。価格はオープンで、Amazonでの販売価格は5万8800円(税込)です。

関連記事(外部サイト)