パンケーキレンズ搭載で小型・軽量なスタンドアロンVRヘッドセット「PICO 4」が10月7日発売へ

PICOは9月29日、PICO新製品発表会を開催。X・Y・Zの3軸とそれぞれの回転動作の6DoF(six degrees of freedom)に対応し、パソコンや携帯電話に接続しなくても単体で動作するスタンドアロン型のVRヘッドセット新製品「PICO 4」を国内向けにお披露目しました。同日から予約受付を開始しており、10月7日に発売します。

PICO 4は解像度が片目2K以上で1200PPI、リフレッシュレート90Hzの2.56インチディスプレイを搭載、パンケーキレンズの採用により小型・軽量化を実現した製品。

ストラップを除く本体重量は295gで、前後に重量を分散していることから、長時間でも快適に使用できるのが特徴です。20Wの急速充電に対応する5300mAhのバッテリーを搭載します。

独自の赤外線光学ポジショニングシステムとアップグレードした光学センサーを搭載。ヘッドセットとコントローラーの追跡とポジショニングを改善し、VRでの動きがすばやく正確になりました。

コンテンツでは、Ubisoftの「Just Dance VR」がPICO限定で配信される他、国内タイトルの「ルインズメイガス」「オノゴロ物語」が配信予定。U-NEXTによる映像コンテンツ、UUUM所属のインフルエンサーのVRチャンネルといったコンテンツの提供も予定しています。

PICO 4は128GBモデルが4万9000円(税込)、256GBモデルが5万9400円(税込)。Amazon、ヨドバシカメラ、ビックカメラ(コジマ・ソフマップ)、ヤマダデンキ(TSUKUMO・ECカレント)、エディオン(100満ボルト)、ケーズデンキで現在予約を受け付けています。

関連記事(外部サイト)

  • 記事にコメントを書いてみませんか?