KDDIが『キリンチャレンジカップ2019』で“ARサッカー観戦”を実施 JFA・キリンと5G時代に向けXRテクノロジーを導入へ

公益財団法人日本サッカー協会(以下JFA)とサッカー日本代表オフィシャルパートナーのキリン、サッカー日本代表サポーティングカンパニーのKDDIは3月25日、JFA主催の『キリンチャレンジカップ2019』でVRやARを総称する“XRテクノロジー”を導入することを発表。第1弾として、3月26日の『キリンチャレンジカップ2019』日本対ボリビア戦で“ARサッカー観戦”を実施しました。

“ARサッカー観戦”は、会場であるノエビアスタジアム神戸の一部シートにタブレットを設置。KDDIが次の3種類のARコンテンツを提供しました。

・視点ジャンプとスタッツ表示
テレビ中継を行うフジテレビの協力により、自分の好きな視点から試合を観戦できる“視点ジャンプ”と、リアルタイムに更新されるチーム・選手の“スタッツ”をAR表示。

・スタッツゲーム
「シュート数の多いチームは?」など、試合前にシュート数やボール支配率など様々なスタッツで試合結果を予想するゲームを提供。

・ARゲーム
ハーフタイムなど、試合中でない時間帯にARカジュアルゲーム『KIRIN CHALLENGE CUP キックターゲット』を提供。AR空間上に現れたゴールの的を打ち抜くゲーム。

「キリンチャレンジカップ2019」×XRテクノロジー第1弾ハイライトムービー(YouTube)
https://youtu.be/KHoeT0MKcX4

今後5G時代に向けて、3者で最新のテクノロジーを駆使して、より楽しく、快適で、臨場感のある観戦体験の提供を目指していくとのこと。

―― やわらかニュースサイト 『ガジェット通信(GetNews)』

関連記事(外部サイト)