新元号を知った気持ちを絵文字で表すと? ソフトバンクが調査結果を発表

2019年4月1日に発表された新元号は「令和」でした。読者の皆さんは新元号を知ってどんな気持ちになり、どんな未来を想像しましたか? ソフトバンクは新元号発表直後にアンケート調査を実施。公式『Facebook』や『Twitter』での呼びかに対して、1398人が回答しました。

まず、「新元号“令和”を知った“今の気持ち”」を「表情の絵文字」で回答してもらったところ、1位は上を向いて「考えている表情」(28.7%)、2位は目を丸くして「驚いている表情」(19.7%)、3位は「口を開けて笑っている表情」(15.1%)でした。「令和」という言葉の意味を考えた人、初めて聞く言葉に驚いた人、新しい時代の始まりに笑顔になる人と、さまざまな受け止め方があったようです。

平成も残すところ1か月を切りました。そこで、「平成最後の日に食べたいもの」を、料理・食材の絵文字で回答してもらったところ、1位は「お寿司」(43.6%)、2位は「お肉」(16.3%)、3位は「ラーメン」(10.2%)という結果に。3位のラーメンに続いて5位は「おにぎり」、6位は「カレーライス」、7位は「ハンバーガー」と庶民的な料理もランクインしましたが、お寿司は圧倒的な得票数。平成最後の日を特別な日として過ごしたいという気持ちが見てとれます。

新しい時代に「最も期待すること」を、ソフトバンクが実現に向けて取り組んでいる分野を絵文字で表した選択肢から選んでもらった結果は、1位が「自由な働き方の浸透」(44.8%)、2位は「AI技術による医療や保険の発展」(27.3%)、3位は「自動運転の一般化」(13.6%)でした。今後、ITの活用により“働き方改革”が進むことへの期待が大きいようです。

調査リリースの中で、同社は「Beyond Carrier(ビヨンド キャリア)戦略」を掲げ、従来の通信事業者の枠を超えた未来づくりへの取り組みを行っているとし、世界中でコミュニティ型ワークスペースを運営して「自由な働き方の浸透」を目指すWeWorkへの出資、トヨタ自動車との共同出資会社MONET Technologiesによる「自動運転の一般化」を見据えた“MONETコンソーシアム”設立といった取り組みを例示。これらの“キャリアを超えた”取り組みについては、ウェブサイト『リアライズ未来。』で紹介されています。

リアライズ未来。
https://www.softbank.jp/biz/realize/

―― やわらかニュースサイト 『ガジェット通信(GetNews)』

関連記事(外部サイト)